HBF 公益財団法人 放送文化基金

文字サイズ:

HOME放送文化基金賞第43回放送文化基金賞 受賞一覧・記者発表

放送文化基金賞

第43回放送文化基金賞 受賞一覧・記者発表

第43回「放送文化基金賞」表彰対象について

 放送文化基金賞は、過去1年間(平成284月~293月)の放送の中から選ばれた、優れたテレビ、ラジオ番組や個人・グループに毎年贈られる賞です。今回は、全国の民放、NHK、プロダクションなどから、全部で277件の応募、推薦がありました。4月から約2か月にわたる厳正な審査の結果、テレビドキュメンタリー、テレビドラマ、テレビエンターテインメント、ラジオの4つの番組部門で、それぞれ最優秀賞、優秀賞、奨励賞の16番組と、演技賞や企画賞など個人6件、さらに個人・グループ部門の放送文化、放送技術で8件の受賞が決まりました。

第43回 放送文化基金賞 受賞一覧【番組部門】

【番組部門】 テレビドキュメンタリー番組
賞金受賞者番組名
最優秀賞 100万円 NHK大阪放送局 NHKスペシャル ある文民警察官の死
~カンボジアPKO 23年目の告白~
優秀賞 50万円 チューリップテレビ はりぼて 腐敗議会と記者たちの攻防
奨励賞 30万円 NHK熊本放送局、NHK福岡放送局 ETV特集 水俣病 魂の声を聞く
~公式確認から60年~
30万円 テレビ愛媛 じいちゃんの棚田
30万円 NHK広島放送局 NHKスペシャル 決断なき原爆投下
米大統領 71年目の真実
【番組部門】 テレビドラマ番組
賞金受賞者番組名
最優秀賞 100万円 NHK 土曜ドラマ トットてれび
優秀賞 50万円 NHKエンタープライズ、NHK 土曜ドラマ 夏目漱石の妻
奨励賞 30万円 TBSテレビ 火曜ドラマ
逃げるは恥だが役に立つ
30万円 NHK NHKスペシャル
「未解決事件」File.5 ロッキード事件
【番組部門】 テレビエンターテインメント番組
賞金受賞者番組名
最優秀賞 100万円 かわうそ商会、NHKエンタープライズ、NHK ザ・プレミアム
寅さん、何考えていたの?渥美清・心の旅路
優秀賞 50万円 テレビ朝日 古舘トーキングヒストリー
~忠臣蔵、吉良邸討ち入り完全実況~
奨励賞 30万円 NHK札幌放送局、NHK旭川放送局 天空のお花畑 大雪山“小さな賢者”の物語
30万円 NHK熊本放送局 ETV特集 15歳 私たちが見つけたもの
~熊本地震 3年3組の半年~
【番組部門】 ラジオ番組
賞金受賞者番組名
最優秀賞 100万円 山口放送 メロディーの向こうに~童謡・唱歌の世界~
優秀賞 50万円 NHK仙台放送局 震災ラジオ特集「3.11若者たちは、いま」
奨励賞 30万円 信越放送 SBCラジオスペシャル
受話器の向こうから~026-237-0555 
【番組部門】※表彰番組を対象として、その番組に携わった個人に贈る賞
賞金受賞者番組名
演技賞 20万円 満島ひかり 土曜ドラマ トットてれび
演技賞 20万円 長谷川博己 土曜ドラマ 夏目漱石の妻
演出賞 20万円 柴田岳志、榎戸崇泰 土曜ドラマ 夏目漱石の妻
制作賞 20万円 五百旗頭幸男 はりぼて 腐敗議会と記者たちの攻防
映像賞 20万円 鈴木友史、村井陽亮、若松元明、周東昭彦 天空のお花畑 大雪山“小さな賢者”の物語
企画賞 20万円 笠原公彦 SBCラジオスペシャル
受話器の向こうから~026-237-0555 

第43回 放送文化基金賞 受賞一覧【個人・グループ部門】

【個人・グループ部門】 放送文化
賞金受賞者業績
30万円 宮﨑 賢
(RSKプロビジョン カメラマン)
35年にわたるハンセン病強制隔離の実態についての継続映像報道
30万円 阿武野勝彦
(東海テレビ放送 プロデューサー)
優れたドキュメンタリー番組の制作、その多角的な展開と牽引
30万円 三宅民夫
(NHK アナウンサー)
幅広い分野で卓越したアナウンス技術を発揮
30万円 「テレビ寺子屋」制作スタッフ
(テレビ静岡)
40年にわたり家庭教育について考える番組を制作
【個人・グループ部門】 放送技術
賞金受賞者業績
30万円 スーパーハイビジョン試験放送用受信機開発グループ(NHK、シャープ)
代表 原 哲(NHK)
スーパーハイビジョン試験放送用高度BSデジタル受信機の開発
30万円 SDI-Hyper開発プロジェクト
代表 吉村理希(フジテレビジョン)
超高速データ伝送装置「SDI-Hyper」の開発
30万円 プロキシ編集プラットフォーム開発グループ
代表 小池 中(関西テレビ放送)
アーカイブ統合型ニュース制作システム~プロキシ編集プラットフォームの開発
30万円 手話CG生成システム開発グループ
代表 東 真希子(NHK)
気象情報の手話CG生成システムの開発
※番組部門の各番組賞と個人・グループ部門は、受付順による。