公益財団法人 放送文化基金 トップページ 地図 リンク お問い合わせ
English Site
放送文化基金概要 助成&データベース 表彰&データベース 制作者フォーラム 広報印刷物
ヘッドラインニュース

ノーベル賞受賞 おめでとうございます! 〜放送文化基金の委託研究に参加した研究者3人が受賞〜
今年のノーベル物理学賞は、青色LEDを発明、実用化した赤崎勇教授、天野浩教授、中村修二教授の3人に贈られます。実は、3人の研究者は、放送文化基金とも深い関わりがあります。今から20年前、基金の委託研究としてスタートした 「青色発光プロジェクト」で、赤崎、天野両教授には中心的な役割を果たしてい ただきました。また、中村教授にはプロジェクトの一環として開催された「国際フォーラム」にパネラーで参加していただきました。2年間にわたるプロジェクトの成果は、「映像のあすをひらく青色発光」という本にまとめられました。天野教授は、委託研究プロジェクトを振り返り、「大変優れた、先見性のある方々が集い、議論した場であった」と書いています。その後、青色LEDの開発、実用化は、放送、通信など情報社会の基盤技術の発展のみならず、人類の生活、文化の向上に大きく寄与しています。今年、創立40周年を迎える放送文化基金としても、20年前の委託研究に参加していただいた3人の研究者が、今回、ノーベ ル賞を受賞することを心から喜ぶとともにお祝い申しあげます。(2014.10.14

基金賞受賞作品再放送のお知らせ
今年の放送文化基金賞エンターテインメント部門で優秀賞を受賞した『ケンボー先生と山田先生』が、11月3日(月・祝)文化の日 14:00〜14:59NHK総合にて再放送されることになりました!
この機会にぜひご覧ください。(2014.10.06

トピックニュース
助成

平成26年度の助成申請の受付は終了しました。(2014.10.1)

放送文化基金設立40周年記念研究報告会「3.11とメディアのこれから −震災、原発事故からの教訓−」の報告書を刊行いたしました。入手をご希望の方は、お送り先を明記の上、事務局までご連絡下さい。(お申し込みは原則お一人1冊まで、報告書は無料です。)
E-mail:お問い合わせフォーム
TEL:03-3464-3131
FAX:03-3770-7239
(2014.10.1)

放送文化基金報

放送文化基金報No.81を刊行しました。
(2014.10.1)

 主な記事を閲覧できます。
・リアルな沖縄をみせた
  松原耕二×吉田喜重
・三年たってでした
 山田太一
・「字引は小説より奇なり」
 佐々木健一
・『X年後』のX年後・・・
 大西康司
・地域でこそ生きるラジオ
  土肥尚彦 柴田明夫 佐伯和歌子/阜ウ利樹

制作者フォーラム

開催予定(2014.9.1)
北日本制作者フォーラム
 平成26年11月29日(土)、30日(日) にぎわい交流館AU(あう)/秋田市
北信越制作者フォーラム
 平成26年11月15日(土)NBSホール(長野放送局内)/長野市
中四国制作者フォーラム
 平成26年12月6日(土)EBCホール(テレビ愛媛局内)/松山市
九州放送映像祭&制作者フォーラム
 平成26年11月22日(土)よかビジョンホール(NHK福岡放送局内)/福岡市
全国制作者フォーラム
 平成27年2月20日(金)ルポール麹町/東京

表彰

第40回放送文化基金賞 贈呈式のダイジェスト動画を公開しました(2014.8.7)

・第40回放送文化基金賞を決定し、6月25日(水)に千代田放送会館ホール(東京・紀尾井町)で贈呈式を開催しました。
「受賞のことば」を掲載しています。
受賞一覧&受賞のことば (2014.7.17)


個人情報保護に関する基本方針
放送文化基金賞Web応募システムはこちら
助成Webシステムはこちら
助成データベース 検索する
放送文化基金賞データベース 検索する
情報ボックス
放送ライブライリー 夏休み特別企画 の開催
事務局(2014.9.1)
時代考証学の射程(第5回時代考証学会シンポジウムより)
時代考証学会 佐藤 宏之(2013.12.20)

394590
個人情報保護に関する基本方針