HBF 公益財団法人 放送文化基金

文字サイズ:

HOME放送文化基金賞創作ドラマ大賞への参加

放送文化基金賞

創作ドラマ大賞への参加

「創作ドラマ大賞」  日本放送作家協会のサイトへ
 「創作ドラマ大賞」は、一般社団法人 日本放送作家協会とNHKが実施している事業で、テレビ・ラジオドラマの創作脚本を全国から懸賞公募して新人を発掘し、次代の放送を支える作家を育成する事業です。
 放送文化基金は、その事業を後援しており、テレビ・ラジオの大賞作品にそれぞれ賞金50万円を贈呈しています。

2022年 第47回創作テレビドラマ大賞

タイトル 受賞者
大賞 「ケの日のケケケ」 森野マッシュ
佳作一席 「未完の本」 古賀光紘
佳作二席 「二人の劇団」 中村謙一

10月に行われた最終審査会で大賞・佳作受賞作が選ばれ、2022年11月2日(水)に、第50回創作ラジオドラマ大賞と合同で贈賞式が行われました。

第47回創作テレビドラマ大賞受賞者

第50回創作ラジオドラマ大賞受賞者

大賞「ケの日のケケケ」梗概
森野 マッシュ(もりの まっしゅ)

 片瀬あまね(15)が生きる世界は、刺々しくうるさくて、過剰にまぶしい。感覚過敏と共に生きるあまねが入学した東高校には、部活動への入部を強制する校則が存在した。そこであまねは、校則の裏をかき、人生を休憩したい人のための同好会『ケケケ同好会』を設立する。そんな折、感覚過敏を治そうとしてくれる、母親の新しい彼氏がやってきたことで家庭環境が変わっていく。
 あまねが2年生になると、生徒会長が変わったことでケケケ同好会は廃部に。母親の妊娠をきっかけに家族との関係も崩れ、学校にも家にも居場所がなくなる。しかし、ある同級生から連絡を受けたあまねは「家族よりはまだ学校の方がどうにかなる」と思い立ち、生徒会長になって学校を変えようと決意する。
 「人生のほとんどを占めるケの日こそ、ご機嫌にいきましょう。ケケケケケ」

2022年   第50回創作ラジオドラマ大賞

タイトル 受賞者
大賞 「決められない松田、おすすめの一本」 上原 哲也
佳作一席 「傑作が落ちて来る」 杉原 大吾
佳作二席 「息が、つまるほどの」 鈴木 佳朗

3月にオンラインで最終審査が行われ、大賞1本、佳作2本が決まりました。贈賞式は11月に創作テレビドラマ大賞と合同で行われる予定です。

大賞作品・梗概「決められない松田、おすすめの一本」
上原 哲也(うえはら てつや)

 レンタルビデオ店のアルバイト、松田大智は、何をするにも決められない。映画監督になる夢も挫折し、バイト先の店長・日垣に拾ってもらい7年、現状維持の生活。唯一のやりがいは映画のPOP制作。店長、同僚の神園と共に、それなりに楽しくやっていた。
 そんな矢先、サブスクのあおりを受け、バイト先の閉店が2ヶ月後に決まる。
 焦った松田だったが、決められない性格から、ひとまず店のPOPを作り続ける。客の数は少ないが、常連からの評判は悪くない。その評判を持って店長に店の継続を提案する松田だったが、店長の決断は変わらない。逆に、自身の決められない性質を指摘され、店の仕事に意気消沈してしまう。
 閉店まで僅か、松田は同僚の神園への嫉みを口にする。神園は煮え切らない松田への苛立ちと気遣いから、理想的な選択肢がなくてもまずは一歩を踏み出せと発破をかける。 店の最終日、覚悟を決めた松田に、思いがけないチャンスが舞い降りる。