HBF 公益財団法人 放送文化基金

文字サイズ:

HOME制作者フォーラム全国制作者フォーラム2019

制作者フォーラム

全国制作者フォーラム2019

 2019年2月16日(土)に、東京で「全国制作者フォーラム2019」を開催します。(参加者募集)

  昨年、全国5地区で開催した制作者フォーラムのミニ番組コンテストで受賞した15作品の上映、意見交換やゲストによるトークセッションなどを行い、組織や地域の枠を越えた制作者同士の交流を図っていただきたいと考えております。
ご関心のある皆様のご参加をお待ちしております。

  • * 参加費は無料です。
  • * 定員になり次第締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。

応募は締め切りました

日(金)締切

  • 日時:2019年2月16日(土) 10:30~19:00(10:00開場)
  • 会場:如水会館 2階「オリオンルーム」【会場地図】〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋211
  • 定員:80名
  • ゲスト:土屋敏男  日本テレビ 日テレラボ シニアクリエイター
                   中村直文  NHK報道局チーフプロデューサー(NHKスペシャル統括)        
                   依田恵美子 名古屋テレビ放送 報道局 記者
  • コーディネーター:丹羽美之  東京大学 准教授

プログラム

<司会>山﨑香奈 TVQ九州放送 アナウンサー

 10:30 <開 会>
10:40~11:20 北日本制作者フォーラム・ミニ番組コンテスト受賞作品の上映、講評、意見交換
11:20~11:55 北信越制作者フォーラム・ミニ番組コンテスト受賞作品の上映、講評、意見交換
11:55~12:35 中四国制作者フォーラム・ミニ番組コンテスト受賞作品の上映、講評、意見交換
12:35~13:35 <昼 食>
13:35~14:30 愛知・岐阜・三重制作者フォーラム・ミニ組コンテスト受賞作品の上映、講評、意見交換
14:30~15:05 九州放送映像祭&制作者フォーラム・ミニ組コンテスト受賞作品の上映、講評、意見交換
15:05~15:20 <休 憩>

15:20~16:50

トークセッション
テレビはもうすべてをやり尽くしたのか?」

テレビが面白くなくなった?もうテレビからは新しいことは何も生まれない?ーいや、そんなことはありません。テレビの表現を切り拓いてきた3人のゲストとともに、新しいテレビの作り方を語り合います。

17:00~19:00 懇 親 会  ▽会場 2階「ペガサスルーム」

ゲスト プロフィール

土屋 敏男(つちや・としお) 日本テレビ 日テレラボ シニアクリエイター
1956年9月30日静岡県静岡市生まれ(62歳)。
1979年3月一橋大学社会学部卒。同年4月日本テレビ放送網入社。「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」などバラエティ番組を演出。「電波少年」シリーズではTプロデューサー・T部長として出演し話題になる。2017年萩本欽一のドキュメンタリー映画「We Love Television?」を初監督。一般社団法人1964TOKYO VR代表理事。東京大学情報学環教育部非常勤講師。


中村 直文(なかむら・なおふみ) NHK報道局チーフプロデューサー(NHKスペシャル統括)
熊本県出身。1994年NHK入局、「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」など報道・ドキュメンタリー番組を担当。Nスペ「マリナ アフガニスタン・少女の悲しみを撮る」(イタリア賞共和国大統領賞他)、「38分間 巨大津波・いのちの記録」(放送文化基金賞本賞他)、「メルトダウン」(文化庁芸術祭大賞他)、「沖縄戦 全記録」(新聞協会賞)。大型シリーズ「未解決事件」、「ロストフの14秒」などスポーツドキュメントも制作。


依田 恵美子(よだ・えみこ) 名古屋テレビ放送 報道局 記者
映像制作会社を経て2013年名古屋テレビ映像入社。夕方のニュース情報番組『UP!』を担当する傍ら、自衛隊や戦争関連企画に取り組む。一連の報道がギャラクシー賞報道活動部門大賞を受賞したほか、「防衛フェリー~民間船と戦争」が2017年度文化庁芸術祭大賞、放送文化基金賞優秀賞などを受賞。「葬られた危機~イラク日報問題の原点~」が2018年民間放送連盟賞テレビ報道最優秀賞とテレビ準グランプリ受賞。「行ってみれば戦場~葬られたミサイル攻撃~」が2018年度文化庁芸術祭テレビ・ドキュメンタリー部門で優秀賞受賞。


丹羽 美之(にわ・よしゆき) 東京大学准教授
1974年生まれ。専門はメディア研究、ジャーナリズム研究、ポピュラー文化研究。放送文化基金賞(テレビドキュメンタリー部門)専門委員、文化庁芸術祭(テレビドラマ部門)審査委員、ギャラクシー賞報道活動部門委員長などを務める。主な著書に「記録映画アーカイブ3 戦後史の切断面」(共編、東京大学出版会)、「テレビ・ドキュメンタリーを創った人々」(共著、NHK出版)、「メディアが震えた テレビ・ラジオと東日本大震災」(共編、東京大学出版会)などがある。

会場地図

如水会館 2階「オリオンルーム」
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-1 (Google Map)
TEL 03-3261-1101

 ▼<地下鉄東西線>竹橋駅下車 1b出口(徒歩4分)3a出口(徒歩5分)
 ▼<地下鉄半蔵門線/都営地下鉄三田線/都営地下鉄新宿線>神保町下車 A8 A9出口(徒歩4分)